アコースティック

 なんだか最近は銀幕のことばかり月イチでUPしているようなので

 違うことも書いてみようかと思うのですが

 日々のアワワに呑みこまれては

 FBやらついった~につまらないことをかいてみては

 皆が盛り上がっている片隅で細々と混ざるような有様でして


 そんな中で、やはりバンドが大きな存在というか・・・

 先日ススムーチョさんの6周年イベントでは

 初のアコースティックJuJucaで出ました。

 いつも3人でジャカジャカと音をぶつけあってやっているので

 アコースティックはとても新鮮でした。

 お店の雰囲気もよくて

 なんだかいい気分で歌うことができました。

 ムーチョブラザーの保宏さんと明宏さんに感謝です。

 
 たまにはカヴァーもしたいぜ

 ってなことでSHERBETSのBlack Jennyをやりました。

 ぶっつけでしたが、不思議と初めてやった感じがしないというか

 寧ろ何回もやったことがあるんじゃないかと思えるくらい

 嘘、言い過ぎ

 でも、それくらいバンドの息吹を感じられた瞬間がありました。


 それは上手くできたとか

 凄い演奏というかセッションができたこととは少しチガウ

 バンドでしか感じられない1つの魔法があるのです。

 これはホント



 3ピース万歳っす。


 今年は3人とも忙しく


 中々揃って音が出せません


 そんな中


 小さな光が射し込んだやうな


 そんな気にもなるのかなんて


 考えたりもするもんです。



 ぴーす

                       

 
[PR]
by issei1975 | 2012-05-30 00:54


<< 香り Rude Fes! >>