「ほっ」と。キャンペーン

13years ago,横浜

Blankey Jet Cityの最後のツアーを追ったドキュメント映画「VANISHING POINT」のDVDが届きました。

映画の公開中にDVDが発売されるとのことで、置いてきぼりをくらった感はなくリアルタイムで鑑賞できる気になり、HMVのオンラインで予約しておりました。

ただ・・・

届いた日は、たまにある猛烈な喘息の発作にあい死にそうになりながら観ました(笑)

感想というか、少し・・なんとなく書きますが


13年前


ブランキー解散のニュースを聞いて悲嘆にくれていた時・・

こりゃいかん・・と、慌ててツアーのチケットをとらねば・・と、やっとこさ動きだし

最後の横浜アリーナ「LAST DANCE」のチケットをなんとか予約できたのはいいものの

とても複雑な心持で過ごしていました。

今思えば、恥ずかしいような、なんだか「オマエ大丈夫か?」ってその頃の自分に言いたいような・・

ただ、横浜アリーナには、そんな自分と同じような奴らがたくさん来ていました。

バンドと会場であれほどの一体感は驚きの一言

あまり色んなライブにいかないので比較はできませんが・・・

寂しかったけど、最高の時間を過ごせたと思います。


当の本人たちも、映画の中では言葉は少なくても

やがて来る別れの時と向かいあいながら

もがきながらも

自分達のバンドを、ブランキーをブランキーらしく貫くことでしか答えはなく

その一部始終が、とてもリアルに映し出されておりました。

苦しい時のもどかしさとか、あまり上手く現せられない分、音が微妙に変わって行く様子とか

表情の変化とか

この映画では肌で感じられると思う。


自分はといえば・・感傷にふける余裕もなく、

ただただ、

大好きなブランキーの、たぶん最後の姿を、再度、目に焼き付けておりました。


横浜に行った、あの頃とは少し違ってて

そこに涙はなく・・・

悲しみもなく・・・


この3人と出会えたことへの喜びがありました。


3人の姿は、とても遠い憧れのバンドマンであると同時に

日常において自分がバンドでやってることや、メンバーと交わしていることと同じように

どこにでもいるバンドマンでもありました。


映画については、月並みなことしか言えませんが、それでいいと思ってます(なんじゃそりゃ)。

できれば多くの方に、劇場にいってみてもらいたいし、良くも悪くも何かを感じてくれたら嬉しいです。






劇中、少しだけ触れていた「いちご水」のくだりがちょっと気に入ってます。

個人的に、この曲は「LAST DANCE」のハイライトだったな~と思っているので

ファンや、ライブ観た人にしか分からんのですが・・・

いい曲ですので

是非、ご覧あれ↓↓





欲を言えば・・・

事実上、最後のライブとなったフジロック2000(アンコールまでの完全版)の映像化も希望しています。


かすかに残った燃えカスの炎が完全燃焼した


あのライブも、観たいな。
[PR]
# by issei1975 | 2013-02-03 00:39

VANISHING POINT

Blankey Jet Cityが映画化されるという。

最後のツアーのドキュメントらしい。

13年の時を経て、スクリーンでブランキーが蘇る。

デビューした1991年から解散した2000年の10年は

15歳~24歳という、自分にとって、最も多感な時期でもありました。

ずっとずっと、夢中で追いかけておりました。

そして、途方もなく憧れておりました。


このアルバムを作らなければ、前に進めない。生きていけない。

という思いで、命がけで突っ走っていた初期。


ヒット作・レコード会社との確執に悩んだという中期。


そして、自由を勝ち取って頂点に登りつめた後期。


絶頂期にベンジーはこう歌う。



「ところで俺たち有名になって 最高になるはずだったんだけれど

野生の狼みたいな目つきに 帰ろうと思う今日この頃 」


解散

Blanky Jet Cityという街から旅に出ます。


と~~~~~~っても痛々しい話しであるが・・・


私も旅に出ました。


私生活でも、ちょうど分岐点みたいな年でもあり・・

バンドでも、それまで殆ど書くことのなかった自分の曲をかくようになり

手さぐりながら今に至っている。

でもそれは、今振り返れば、

ブランキー解散という大きなショックで、心にポッカリと空いてしまった隙間を埋める作業でもありました。



時は流れ、ここ奄美大島で、再び3人と出会いました。

ファンとしてではなく、バンドマンとして

同じイベントに出演し、酒を酌み交わす。

それはそれは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


映画「VANISHING POINT」


アメリカン・ニューシネマじゃないよ・・・。


命のやりとりとさえ言われた3人の、旅の終わり(始まり?)が描かれているようです。

このツアーの最終日の横浜アリーナには、私も行きました。


実質、ラストステージとなったフジロック2000(メインステージのトリ!)には行けませんでした。

それだけが心残りではありますが・・これ以上贅沢言うなって話しですわな・・・。


昔ブランキーを聴いていた人も

解散してから知った人も

勿論、ブランキーを知らない人も

たくさんの人達に、観てほしいですね。


残念ながら、劇場では観れませんが・・・

映画の成功を心より願って






a0222976_170468.jpg


























追記


この時期になると「SKUNK」が聴きたくなります。

ちょうど発売されたのが11月ということもあり・・・

20歳だったあの頃の、なんちゅうかこう・・・匂い(?)とかが、甦ります。

そういうのって、ありませんか?

不思議なものですね。
[PR]
# by issei1975 | 2012-11-29 00:01

銀幕ロック再び!

 2回目となる銀幕イベントも、昨年に引き続き楽し過ぎる感じで終了しました。

 楽しい時間は本当にあっという間に終わっちまいます。


 今回は映像・音楽・講話に加え

 
 詩の朗読・催眠術・舞踊という更に幅広い分野を多角的にプログラミング


 宛ら、ひとつの映画のように表現し昇華させることが目的でした


 観に来られた方には伝わったと思いますwww


 ユーボーさん、196さん、ツカサくんの音楽


 セイシロー、IKDの映像という不動のラインナップに加え


 前回怪談話をした向井さんが今回は名曲「しゃぶりつけ」を朗読


 それを新たな銀幕メンバー大樹さん(ギター)と智子ちゃん(フルート)の生演奏が花を添えました

 
 そしてこれも不動の奇人南野さんの漢な講話
 

 新たにゾンビ映画DJフジミさんのデビュー!


 極めつけは、鬼才メンタリスト健悟と、天才パヒューム里志の仁義なき対談


 最高でしたよ


 昨年の内容を遥かに凌駕する銀幕メンバーのクオリティの高さには


 正直ビックリいたしました。


 こんな素敵にくだらないイベントを、真剣に共有できるメンバーに


 心より感謝しております。


 受付も赤塚とお姉ちゃん(フジミさんの)にまかせっきりでした。


 ありがとうね


 私は完全に裏方な上に、仕事で遅れて参加したため


 手持ちの画像が全くありません(泣)


 なので、誰か画像ください。


 ここでは某つぶやきサイトで見つけた画像を一部紹介いたします。


 詳しいリポートは196さんお願いしますね♪




 
a0222976_1559010.jpg 




















a0222976_15592667.jpg

























 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 来年も御期待ください。


 忘れられた頃にまた、思い出させてやります。


 あでぃおす。



 
 じゃなくて
 



 第3期の上映一発目は、私がプレゼンいたします。

 
 7月30日(月)か8月6日(月)を予定してるんですが・・・どうなるかな?


 その前にクローバーでイベントの打上げしましょうね♪


 次の青猫篇はコレです↓↓↓

 

 

  
 
 


 
[PR]
# by issei1975 | 2012-07-01 23:39

平成弐拾四年大日本銀幕愛好会時節講演

 「好きな映画を大画面で鑑賞したい」

 そんな、当たり前のことが非日常となっている街で

 2年間休みなく(ハプニング有り)、毎月公民館ホールを貸し切って

 任侠からサブカルZ級まで思う存分堪能致し

 終わった後にビールを呑むべし。

 嗚呼

 なんて贅沢な趣。

 元々は私めが「仁義なき戦い」観たいから誰か一緒に観ませんか?

 と問いかけた所、6人の男達が集い

 これが最高であったがため

 じゃあじゃあってんで今日まで続いてる次第でありんす。

 昨年の時節講演は非常に楽しかったんですが・・・

 今年は更に楽しくなりそうです!

 新たなメンバーやゲストも参加したしますれば

 是非、遊びに来てくださいね♪
 



a0222976_18381599.jpg































 思わずウットリ・・・


 完璧なポスター(司くん作)



 平成弐拾四年大日本銀幕愛好会時節講演


 日時:6月30日(土)

 
 場所:カフェ・クローバー

 開演:午後9時

 入場料:千円(1ドリンク付)

 受付:赤塚


 出演


 詩の朗読:向井健悟 演題「しゃぶりつけ」 (伴奏:貴島大樹&平田智子)


 講話:南野さん 演題「目を凝らせばカントリーロード」


 映像:泉誠志郎 / IKD


 音楽:重山祐一郎 / 赤間みのり / 赤間郁朗 / 川元一生 / 染川司


 仁義なき対談:メンタリスト健悟vsパヒューム里志



 映画愛(?)、炸裂です。



 乞御期待!!!!!
[PR]
# by issei1975 | 2012-06-19 23:18

香り

頼むから静かにしてくれ (THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER)

レイモンド カーヴァー / 中央公論社



 1年かけて集めたレイモンド・カーヴァー全集

 それを更に1年かけてゆっくりゆっくり読み上げようと

 ニヤニヤしている

 物語は数多く短い・・

 その中で

 町の匂いや

 路地の匂いや

 家の中の匂い

 アルコールの匂い

 川の匂いが

 やけに鮮明に感じられる。

 それはとても懐かしいような

 すぐ側にいるような

 
 寂しくて、やるせない大人たちの物語が

 
 たくさんです。


 小説を読む時は


 ただただ、そこに身を委ねて


 あとは酔って忘れちまうのです。


 かすかに残った言葉の断片が


 心の片隅に沈殿されてたら



 儲けもんです。



 レイモンド・カーヴァーの物語は



 そういう意味では



 極上ですね。 


  
[PR]
# by issei1975 | 2012-06-03 00:35